CASE.1 軽い乱ぐい歯(叢生)の症例

  • TOP
  • CASE.1 軽い乱ぐい歯(叢生)の症例
軽い乱ぐい歯(叢生)の症例 4
BEFORE

arrow

軽い乱ぐい歯(叢生)の症例 4
AFTER
上顎前突と、上下前歯部の叢生(乱ぐい歯)を主訴に矯正治療を行いました。
永久歯の抜歯は行わず全ての歯を生かしました。
固定式矯正装置(マルチブラケットシステム)を1年6ヶ月使用、その後長期間、夜間のみ使用の保定装置(矯正治療で動かした歯を、その位置に安定させる為の装置)を使用しています。
軽い乱ぐい歯(叢生)の症例 3
BEFORE

arrow

軽い乱ぐい歯(叢生)の症例 3
AFTER
上顎前突と上下前歯の叢生及び過蓋咬合(下顎前歯が上顎の歯肉に当たるような深い咬合)の症例です。固定式矯正装置(マルチブランケットシステム)を2年1ヶ月使用し、その後可撤式の保定装置を夜間に使用しています。右側の写真は固定式矯正装置を除去後2年6ヶ月経過した時期の写真です。
軽い乱ぐい歯(叢生)の症例 2
BEFORE

arrow

軽い乱ぐい歯(叢生)の症例 2
AFTER
下顎前突(受け口)と、前歯部の叢生(乱ぐい歯)を主訴に矯正治療を行いました。 可撤式矯正装置(夜間に使用する着脱できる矯正装置)を1年6ヶ月使用後、固定式矯正装置(マルチブラケットシステム)を2年2ヶ月使用しています。
軽い乱ぐい歯(叢生)の症例 1
BEFORE

arrow

軽い乱ぐい歯(叢生)の症例 1
AFTER
初診時年齢15歳の女性です。
右上の犬歯の突出を主訴に矯正治療を開始しました。
下顎の前歯は叢生(そうせい。乱ぐい歯)の状態です。
固定式矯正装置(マルチブラケットシステム)を使用し、非抜歯で治療しました。
固定式装置の使用期間は1年3ヶ月と比較的短期間で済みました。
現在は可撤式の保定装置を夜間に使用しながら、経過を観察しています。